現在地

認証審査のご案内

マネジメントシステム認証審査のイメージ

Nemko Japanでは、ISO9001, ISO13485, ISO14001, ISO22000, ISO/IEC27001, ISO50001, ISO45001など各種マネジメントシステム規格に基づく、認証審査を実施いたしております。
Nemkoが提供する各種マネジメントシステム認証は、全てIAF正規会員であるノルウェー認定協会により、認証機関【MSYS001】として認定されている、信頼性の高い認証となっております。

Nemko Japanでは、PDCA サイクルを中心に構築されたシステムが、その組織の目的に合ったもので、かつ有効に活用いただけることを最重要点として審査を行っております。
複数の規格に基づく審査を同時に行う統合審査、複数の事業所を一括審査する国内マルチサイト審査、海外グループ会社と国内グループ会社を一括審査する国際マルチサイト審査など、お客様の審査負担、経営負担を最小限に、最大限の効果を得ていただく為の様々な審査を提供いたしております。

Nemko Japan 審査対応規格のご案内

  • ISO9001 <品質マネジメントシステム>
  • ISO14001 <環境マネジメントシステム>
  • ISO13485 <医療機器-品質マネジメントシステム>
  • ISO22000 <食品安全衛生マネジメントシステム>
  • ISO/IEC27001 <情報セキュリティマネジメントシステム>
  • ISO50001 <エネルギーマネジメントシステム>
  • ISO45001 <労働安全衛生マネジメントシステム> 他

※ 上記以外の認証規格については、都度案内いたしますので、お気軽に弊社までお問い合わせください。

マネジメントシステム認証審査

ISO9001

ISO9001規格は、マネジメントシステム規格としては最も古く、1987年に初版制定されてから、2008年の最新版まで幾度の改訂を経て、様々な業種に適用できるマネジメントシステム規格として取り組まれております。
ISO9001は、海外の顧客、国内の顧客からの要求や各入札条件での要求への対応だけでなく、社外へのPRツールとして、また、社内の改善ツールとして有効に機能させることのできる規格となっております。

ISO14001

近年、多くの組織が独自の取り組みの公表や、社会活動としての一般の方への呼びかけを行うなど、環境活動への関心はさらに広がりを見せております。
その中で、ISO14001規格は環境マネジメントシステムとして1996年に制定されて以降、先行していたISO9001と同様にその認証件数を伸ばしております。
ISO14001は、環境に何らかの影響を及ぼす原因となる作業、業務、廃棄物等を調べ、環境への影響を軽減(または良い影響を増加)させることを目的とした規格となっております。

ISO13485

ISO13485規格は、医療機器に関する品質マネジメントシステムの規格であり、ISO9001の要求事項をベースとして、医療機器に特化した要求事項を追加したセクター規格となっております。
日本では、薬機法においてこのISO13485をベースとしたQMS省令が制定されていることから、国内での関心も高まっております。
また、ISO13485は、ヨーロッパなどでの規制の一部としてその認証が要求されておりますが、Nemkoが提供する認証は、MDR規則も含めてご使用いただけるものとなっております。

ISO22000

ISO22000規格は、食品安全についてのマネジメントシステム規格であり、食品業界で多く取り入れられているHACCPと、ISO9001のマネジメントシステムの仕組みをあわせもった、ISOで初めての食品安全を目的とした規格となっております。
食品を製造されている組織のみならず、輸送や販売、レストランなどの外食産業など、フードサプライチェーンに該当する全ての組織で適用され、取得することが可能な規格となっております。
HACCPよりも広い業種で取り組めるISO22000は、社外へのPRツールとしては当然ながら、食の安全のために組織内の強化を図る目的で取得される組織も増えております。

ISO/IEC27001

ISO/IEC27001とは、「情報セキュリティマネジメントシステム」の規格であり、人為的なミスによる情報の漏洩、故意による情報の持ち出し、外部からの不正アクセス防止など、組織内で情報を守るマネジメントシステムを構築し、機能させることが求められております。
情報の取り扱いは、取り組まれる組織の業務によりその種類、情報量も様々ですが、個人情報も含めて各種情報を管理することができるISO/IEC27001を、組織としてのリスクを回避するツールとしては当然ながら、顧客に対する安心感を提供するためにも利用される組織が増えております。

ISO50001

ISO50001規格は、2011年6月に発行されたエネルギーマネジメントに関する国際規格であり、日本国内における近年のエネルギー事情のみならず、世界的にも温室効果ガスの削減や省エネの観点から今後の普及とそれによる効果が期待される規格となっております。
要求される内容も、組織の方針を決定し、それに基づく目標の設定、運用管理、監視測定、マネジメントレビューというISO14001と近しい構成となっております。
要求事項の構成もISO14001と近しいものとなっており、対象となる組織も、他のマネジメントシステムと同様に、どのような業種・規模でも取り組むことができる規格となっております。

ISO45001

ISO45001は、労働安全衛生マネジメントシステムの規格であり、これまでOHSAS18001規格として製造業様、建設業様など、幅広く認証いただいており、2018年3月にISO規格として生まれ変わりました。
日常の作業に潜むリスクを特定し、管理することで、組織内の安全(事故防止)と健康(疾病予防)に対するリスクを低減させることを目的とした規格となっております。
Nemkoが提供する ISO45001認証は、前進となるOHSAS18001の頃よりノルウェー認定協会により認定を受けており、その他のISO規格とともに信頼性の高い認証を提供いたしております。